メンバー紹介

代表:今徳はる香(23)

1995年生まれ。

友人の誘いでセクシャルマイノリティのイベントに参加し、それをきっかけに当事者ではない立場からの支援をしたいと思い立つ。

特技だった手芸を生かし、セクシャルマイノリティのテーマカラーであるレインボーを使ったハンドメイドを作成し、委託販売を始める。

19歳の時に「自分で作るよりも上手な人に依頼して作ってもらうほうがいいのでは?」と考え、雑貨店にじいろ小町を吉祥寺にオープンする。

1年間経営しながら活動を行った結果、よりセクシャルマイノリティに特化した活動を行いたいと考え、21歳のときに特定非営利活動法人にじいろ学校を設立する。現在は恋愛感情が家出中。

営業:青木未央(27)

1991年生まれ。ビューティービジネス修士(MBB)。

MTF・レズビアン。メイクアップアーティスト。

専門:心理・美容・経営。

函館ラサール中高卒業後、大学で心理学を専攻する。大学在学中にGID(性同一性障害)と確信し、入学式には男性の格好で入学し、卒業式には女袴で卒業する。

性同一性障害・セクシャルマイノリティ・社会心理学・美容を専門にする。現在、化粧品会社を設立するための準備中。

日本化粧品検定公式コスメコンシェルジュ

アロマテラピー検定1級

一般社団法人結婚トータルサポート協会LGBTQアドバイザー

化粧品販売会社charis共同代表


会計:ゆう

 

1980年代生まれ。

「男らしさ」がしっくりこず、男性性に捉われずに生きたいと思い、Xジェンダーを自認するようになる。また周りの人と恋愛感のズレが大きく、デミセクシャル(アセクシャルの仲間で、親しい人にだけ惹きつけられる)だと思っている。クローゼット。

にじいろ学校の会計全般を担当している。

現在ボランティア約15名